シミに効く化粧品の医薬品と医薬部外品

シミに効く化粧品の医薬品と医薬部外品

医薬品というのは、一言でいいますとズバリ薬のことを指しており、医薬品に分類される化粧品を使用することによって効能や効果を得られることが認められていて、しかも医師の処方が必要となるケースが多くあります。

 

それとは別に医薬部外品というのは、効果や効能などはある程度確認されていますが、あくまで予防目的の範囲内となります。

 

ですので医薬部外品の場合は、医師の処方をもらう必要はありません。

 

そして医薬品の場合、用法容量がきちんと定められていますが、医薬部外品に分類されると、特に利用法に関して明確にする義務が無くなります。

 

確かに医薬部外品というのは、医薬品には分類されず医薬品に準ずるものと定義されているのですが、厚生労働省により効果が認められた成分を、効果を認めた割合で配合された製品に対しては認可がおりています。

 

つまりお肌に直接塗ったとしても、効果が出やすくしかも安全ということになります。

 

薬事法において化粧品というのは、全成分を表記しなければいけないことになっていますが、医薬部外品の場合は、それが義務付けられていません。

 

このように同じ化粧品でも医薬品と医薬部外品がありますが、安心安全にシミに効く化粧品を利用したいのでしたら、医薬部外品に分類されるタイプの中から選ぶことをオススメします。

 

ただし医薬部外品でも、間違った使い方をしてしまうと、お肌に何かしらのトラブルを引き起こしてしまう可能性もあるので、きちんとした使い方を予め確認しておくことが大切です。